女性抜け毛予防ナビ  >  抜け毛 原因  >  パーマ・カラーリングによるダメージ

抜け毛の原因 パーマ・カラーリングによるダメージ

サイト名

パーマやカラーリングを頻繁に繰り返していませんか?

最近、若い人の抜け毛が増えているそうです。

これは、頻繁にするパーマやカラーリングで、髪や頭皮にダメージを与えていることが原因の場合が多いようです。

パーマ液やダラーリング剤は、ご存じのように強い薬液をロッドに巻かれた髪につけていきます。

この時、頭皮にもこの薬液が付くのを感じると思います。しかもパーマをかけ終わるまでの長時間に渡ってつきっぱなしです。

たまにであれば、ダメージを受けても回復できますが、
しょっちゅうパーマやカラーリングを繰り返して、
回復する間もなくダメージを受け続けていると、
頭皮が弱わりその結果、抜け毛が起きてきます。

パーマやヘアカラーは、できればしない方がいいのですが、
女性にとっておしゃれを楽しんだり、心を豊かにする方法でもあります。
でも、おしゃれのためにかけたパーマで髪が傷んで薄毛になっては、
元も子もありません。

せめてパーマは、1〜2ヶ月に1回くらい、カラーリングは、最低でも
1か月に一度くらいのペース、できれば2ヵ月以上間隔をあけましょう。

また、パーマとカラーリングを同時にする方も多いと思いますが、
髪へのダメージを考えると、2週間以上あけるのがおすすめです。